2回目のほくろ除去経過③【1週間~2週間】

スポンサーリンク
ほくろ除去

今回もほくろ除去の経過について載せていきたいと思います。

これまでの記事はこちらです。

2回目のほくろ除去経過①【当日の手術・価格】

2回目のほくろ除去経過②【手術~1週間】

スポンサーリンク

ほくろ除去8日目、かさぶたが取れた

アフターケア不足で、傷跡が乾燥してしまい、1つかさぶたになってしまいました。かさぶたになってしまったときの処置方法は、「かさぶたがとれるまで軟膏をぬってテープをはる!」です。すると、かさぶたに気が付いた次の日にかさぶたがとれました。

1年前にかさぶたができたときは、長くかさぶたがとれなかったので、長い闘いを覚悟していましたが、意外とあっさり(笑)見た目は他のほくろたちとほぼ変わりません。1日はテープを貼って様子を見ようと思います。

ほくろ除去9日目、いよいよテープ卒業

ほとんどのほくろたちから浸出液が出なくなりました。いよいよテープ卒業です。特に口元のほくろにテープを貼ったまま過ごすのは大変でしたね。

3つのほくろは治りが他より遅いみたいなので、テープを貼ったままであと1日様子をみたいと思います。

テープをはがしたら、なんといっても紫外線対策!!シミにならないようにがんばります。

ほくろ除去10日目、初メイク

3つを残してテープを卒業しました。外出する予定があったので、テープを卒業したほくろ跡にはエアウォールUVを貼りました。

久しぶりに貼ったら難しすぎて時間がかかりました。慣れが必要ですね。

エアウォールUVを貼った上から軽くメイクをしました。まだ赤みは目立ちますが、ほくろがあるときより、全然よいです。うれしい!!!

ほくろ除去11日目、全テープ卒業

ついに全部のテープを卒業しました。長かったなー。これからまだ紫外線対策が必要ですが、ここでひと安心です。テープを卒業すると、「顔どうしたの?」など聞かれることはなくなります。

まぁでも除去した跡はまだ赤いんですけどね。「ニキビの治りかけ」な感じです。これから徐々に赤みがひいていくので楽しみです。

ほくろ除去12日目~14日

テープを卒業してからは、紫外線に注意することのほかには特に制限はないです。メイクも傷の上からできるし、クレンジングも洗顔も通常のスキンケアも問題なくできます。

ただ、エアウォールUVを使っているのでその上からメイクをするようにしています。

エアウォールUVは頬などのとれにくい位置であれば3日貼っても平気でした。洗顔をしてもはがれにくいです。ただ、口元ははがれやすく、洗顔の度にはがしていました。

ほくろ除去跡は赤くなっています。メイクで目立たなくなるレベルです。

ほくろ除去【1週間~2週間】まとめ

2週間経過しました。除去から10日目くらいまでのテープを貼った状態のころが大変でしたが、ようやくテープ卒業できて、うれしいです。

2週間もすると、メイクするとほくろ除去あとが目立ちにくく、ようやく「除去してよかった~~~」という気分になります。

これから夏に向けて紫外線が危険な時期になるので、エアウォールUVや帽子、日傘を使ってしっかり対策していこうと思います。

また書きます。

 

ご一読ありがとうございました。

 

 

コメント