エアウォールUV切り方・貼り方【ほくろ除去】

スポンサーリンク
ほくろ除去

こんにちはゆる子です。

先日ほくろ除去しまして、紫外線対策としてエアウォールUVを使っています。今回は私なりの使用方法を解説します。

スポンサーリンク

エアウォールUVとは

エアウォールUVとは紫外線をカットしてくれるいうフィルム?です。

日焼け止めクリームは塗りなおしが必要ですが、これは一度貼るだけで97パーセントも紫外線をカットしてくれるものです。

ほくろ除去跡の皮膚に紫外線が多くあたると、シミの原因になりやすいといわれています。そこでこのエアウォールUVの出番です。

私はほくろ除去跡にピンポイントでエアウォールUVを使っています。

 

エアウォールUVには2つのサイズがあります。テープの幅が25mmと50mmの2サイズです。ほくろ除去レベルの傷跡でしたら、25mmのもので十分だと思います。

エアウォールUV貼り方

エアウォールUVの貼り方は以下です。

①好きな大きさに切る。丸く切るとはがれにくい。
②白い紙製のフィルムをはがして貼る。
③ゆっくりと表面のフィルムをはがす。

エアウォールUVは3層からなるシートです。白い紙フィルムエアウォールUVテープが挟まれた形になっています。実際に肌に貼るのはエアウォールUVテープの部分のみです。

両面テープみたいなイメージです。

エアウォールUVの切り方

さっそくエアウォールUVの切り方をご紹介します。

今回使うのは上記でも紹介したエアウォールUVです。まず、上記くらいの長さにカットします。

上記のピンクの線にはもともと切れ目が入っています。切れ目が入っているところが中心になるように、丸くカットします。

カット後の様子がこちらです。できるだけすき間ができないように切ると無駄になりません。このカットしたものは、切れ目が入っているので、そのまま使うことができます。

 

続いて、余っている下部分を丸くカットしていきます。

そしてカットしたのがこちらです。このままでは、切れ目がはいっておらず、使いにくいので、カッターで切れ目を入れていきます。

このカッターの作業がちょっと難しいです。あまり力を入れすぎるとフィルムまで切れてしまいます。ほどよい力加減でそっと切るのがポイントなんですが、正直慣れです。。

切り終わりました。これで、白い紙製のフィルムがはがしやすくなります。

 

まとめ

今回はエアウォールUVの切り方についてご紹介しました。慣れるまでは難しいですが、何度か練習すると綺麗にはれるようになると思います。

ほくろ除去後3カ月は紫外線注意なので、頑張ってケアしていきましょ。私もがんばります。

ご一読ありがとうございました。

ほくろ除去5か月、エアウォールUVの効果は?

ほくろ除去から半年経過、現状報告

 

 

 

コメント