スポンサーリンク

1週間 短期リゾートバイトのすすめ

スポンサーリンク

こんばんわん。ゆる子です。

今回は短期のリゾートバイトについてまとめていきたいと思います。私はこれまで、2度のリゾートバイト経験があります。どちらも期間は1週間程度でしたので、激単リゾートバイト(以下、リゾバ)についてご紹介します。短期であれば学生でも就業可能です。私も学生時代に知っていたらなぁ、学生のひと、いいなぁ。

f:id:yurukoo:20180419153919p:plain

リゾートバイトとは

いわゆる住み込みのアルバイトです。家賃や光熱費、食費などの補助がある場合が多いので、案件によっては、ほぼ無料で旅行気分が味わえちゃうお得なアルバイトなのです。ただ、都会の案件は非常に少なく、働く人が集まらないような場所での募集が多いです。人によっては生活に不便を感じると思います。これらは本当に場所によりますが。少しの不便を感じながらも、無料で食住でき、お金稼ぎができるアルバイトがリゾートバイトです。

短期(1週間程度)の募集は年末年始、春休み期間、ゴールデンウィーク、お盆期間(夏休み)に集中します。それ以外はあまり激短期の案件は少ないと思います。

私のリゾバ①旅館スタッフ(年末年始)

私はちょうど一年前、初めてのリゾバを経験しました。年末年始の2週間ほどの期間で、就業先は九州の田舎の旅館。仕事内容は宿泊される方の晩ごはん、もしくは宴会の準備、接客、配膳でした。

条件は、通し勤務、送迎付き、個室(風呂トイレ付、洗濯機別)、テレビ、電子レンジなし、寮費・光熱費無料、食事1日2食付き、リゾバ未経験OK、温泉利用OK、交通費上限3万円支給、という感じでした。仕事内容は難しいものはなく、誰でもできるなぁという印象でした。

「夜はイノシシが出るので出歩かないでください」と言われる程の田舎でしたが、幸いにも寮から徒歩10分ほどにコンビニもあり、何とか生活できました。

ただ、短期で繁忙期ということで、休日はなく連続勤務できつかったです。昼からの通し勤務だったため午前中に観光するか、もしくは勤務最終日の翌日に観光する、という手段で観光を楽しみました。

年末年始の1週間にリゾバに行った話 – ゆる子の日記

私のリゾバ②テーマパークスタッフ(ゴールデンウィーク)

上記のリゾバから数か月が過ぎ、5月のゴールデンウィーク限定でテーマパークのスタッフとして働きました。期間は1週間(就業は6日?)でした。条件は、通し勤務、送迎付き、相部屋(3DKのアパート)、テレビ付き、食事なし(1日500円支給)、リゾバ未経験OK、交通費上限2万円支給、という感じでした。

仕事内容はチケット販売で、丁寧に教えて頂けたのですぐに慣れ、問題ありませんでした。初めての相部屋で不安でしたが、むしろ相部屋でよかった、と思えるほど楽しい日々でした。こちらも詳しく後日まとめたいと思います。

短期リゾバは大学生でも、フリーターでも、社会人でも?

気軽にはじめらるのが短期リゾバの最大のメリットだと思います。ちょっときつくても「短期だし、、、」と思うことで耐えることが出来ます。長期に比べて、荷物が少なくて済みます。ちょっと一人旅で気分転換したいなぁ~という人にぴったりです(もちろん友達とも勤務OKな求人あり)。

一緒に就業した人の中には4日の就業の人もいました。案件によっては社会人の方でも行けるのではないでしょうか?お金貯めたい人など、ぜひぜひ。

リゾバ選びののおすすめ条件

リゾバは様々な案件がありますが、決める際には条件をまず決めることが必要です。私が譲れない条件ランキング3を発表したいと思います。どーーーーん。

①通し勤務

これは絶対条件です!リゾバには通し勤務と中抜け勤務があります。中抜け勤務のは「朝、6時から朝食の準備、片付けを行い、一旦おわり、夕方17時から22時まで勤務」というような勤務体制のことです。

私自身、中抜け勤務は経験したことがありませんが、リゾバで出会ったベテランのリゾバイターの方はだいたい、きついと言っていました。お昼ごろ数時間空いた時間を有意義に使えるのであればよいですが、結構みんな寝ているそうです。

ただ、通し勤務は人気で案件も少ないので競争率はあがります。

②徒歩20分圏内で食べ物が買える

リゾバは食事も一応支給されるところが多いと思いますが、たまにはそれ以外のものも絶対に食べたくなります。できれば徒歩10分圏内に欲しいですが、少し妥協します。私の場合、1度目、2度目のリゾバはこの条件を満たしておりました。けっこう重要です。

③交通費支給がある

3か月以上の長期のリゾバであれば、満了すると交通費がほぼ全額支給されます。しかし、1、2週間のリゾバは、ほとんどの案件で上限が決まっています。できるだけ1回目のリゾバは手出しをすることなく往復することができましたが、2回目は少し手出しをしました。短期は若干仕方ないけどできるだけ手出ししたくないなぁと思って派遣先を探しました。必然的に自宅から交通費の予算内で行ける場所、というように勤務地は絞られました。

*職種

条件ランキング外です。私は職種はある程度でどんなものでも対応できます。長期であれば、また条件の優先順位が変わってくるかもしれませんが、、1,2週間であれば耐えられます。ただ、一般的にリゾバの旅館はきついです。みんな言っていました。私は初めてのリゾバが旅館だったので「こんなもんかぁ」と思っていましたが、先輩リゾバ―たちは「ここができたら他どこでも行けるよ」と言っていたので。まあでも私は選べるのであれば旅館以外がいいです。旅館、時給高いんですけどねん。

リゾバ派遣会社

わたしはどちらもはたらくどっとこむ で紹介してもらいました。というのも、就業開始日の一週間程前に「リゾバ行こうかなぁ」と思ったくらいだったので。アプリリゾートは本当に対応がはやいです。5日後にはリゾバに行けます。

他にリゾートバイトで働く!遊ぶ!体験する!【リゾバ.com】にも登録だけしました。案件が多いので、条件が高い人でもいいところが見つかるかもしれません。

先輩リゾバイタ―に人気だったのがこちら! リゾートバイトならアルファリゾート! 時給が高いらしいです。ただ私が探したときには短期の求人があまりありませんでした。よければ探してみてください。

上記の3つの派遣会社がリゾバ業界トップ3だと思います。初めてであれば、このどれかのリゾバ会社で行くことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。年末年始の求人はもう出ています。探すのがはやければはやいほど好条件のリゾバに行けることは間違いないです。ただ、私みたいに就業日5日前でもリゾバに行くことはできます。あきらめないで!

短期だからこそあまり考えずに勢いで行けるというのもあると思います。迷っているのであれば、まずは応募してみましょう。派遣会社の方は結構旅館の裏事情まで教えてくれます。もし、条件に合わず断りたければ話を聞いた時点で断ってオーケーです。

あとは決断するだけの方!!ぜひ!行ってみてください。大丈夫、日本です。行ったもん勝ちです。なんとかなります。ほんとに。きつかったらこれっきりにすればいい、そんなちょっとは軽い気持ちでいってらっしゃい!!

素敵なリゾバライフを過ごせますように~!

コメント