スポンサーリンク

18きっぷで房総半島日帰り1周たび

スポンサーリンク

2018年、平成最後の夏の18きっぷをつかって、友人とふたりで千葉県の房総半島を一周しました。前日に「房総半島に行こう!!」と決め、とりあえず出発。電車のなかで計画をたてるという ゆるゆる旅でしたが、結構満喫できました!ただ、こうすればよかった!!という点もあるので、今後行く人の参考になればうれしいです。

房総半島一周プラン

f:id:yurukoo:20180925110627p:plain

房総半島はJR外房線(そとぼうせん)とJR内房線(うちぼうせん)をつかって一周します。地図のピンクで示した蘇我駅から時計回りに安房鴨川駅(あわかもがわえき)までを、外房線。地図の水色で示した安房鴨川駅から蘇我駅までが内房線です。

今回は外房線勝浦駅で下車し、おひるご飯を食べ、遠見岬神社へ行きました。その後勝浦駅から再び乗車し、館山駅まで乗り継ぎ移動。館山では城山公園へき、敷地内にある館山城と博物館を見学しました。

その後は内房線でぐるっと電車旅、というプランです。

東京方面~勝浦

朝、東京某所から出発。東京駅から出発だと9:44発の総武線快速(上総一ノ宮行)へ乗車。18きっぷにしてはゆっくりめのスタートです、らくらく。途中上総一ノ宮駅で乗り換え、勝浦まで行きます。

11:48、勝浦駅に到着。

f:id:yurukoo:20180925113848p:plain

東京から約2時間、結構田舎っぽいとこに来たなぁ~~という感じです。ちょっとはやめですが、ここでいったん下車し、ちょっとはやめですがおひるごはんを食べることにしました。

f:id:yurukoo:20180925121648p:plain

勝浦駅のとなりに交番があるのですが、駅にマッチしていてかわいいです。マリンってかんじ。

お昼は勝浦でなめろう

リサーチの結果、お昼は「天平」というお料理やさんで、なめろうを食べることにしました。駅から10分ほどで天平に到着。

f:id:yurukoo:20180925114545p:plain

今回は二人旅なので、ふたりで 郷土料理セットとなめろ丼を注文しました。

f:id:yurukoo:20180925114619p:plain

手前がなめろ丼です。郷土料理セットは、房総一帯の郷土料理のなめろう、さんが焼き、まご茶がセットになった定食です。

人生、初なめろうでしたが、本当においしかったです。なめろうは漁師めしで、新鮮でないときに酢をつけて食べていたんだとか。もちろん天平なめろうは新鮮で、そのままでもすごくおいしかったですが、酢をつけると味がマイルドになってくせになるおいしさでした。さんが焼、まご茶もおいしかったですよ!

食事を終えたら、少し時間があったので、天平から徒歩5分ほどの遠見岬神社へ行きました。神社へ続く階段です。

f:id:yurukoo:20180925120414p:plain

天平のおかみさんが教えてくれたのですが、この階段は60段あり、ひな祭りシーズンにはここにおひな様を飾るそうです。

今回は夏の平日でしたので、人はまばらでしたが、ひな祭りシーズンは混雑するそうです。ここに並ぶひな壇、見てみたいなあ。

60段の階段をのぼり、さらに上へ行くと、町を展望できます。階段は少しきつかったですが、なかなかの景色でした。登る価値ありです。

f:id:yurukoo:20180925115906p:plain

神社にお参りしたあとは、ぼちぼち駅へ帰ります。そういえば、途中でBOOKSとかいてある建物が。ただ売り出してるのは花火、、。時間がなくて立ち寄れませんでしたが。

f:id:yurukoo:20180925120830p:plain

あとから調べてみると、夏は花火を売り、冬になると本屋屋さんに戻るのだとか。おもしろいなぁ。

勝浦~館山

13:32発の安房鴨川駅へ乗車。あっ、、なかなかこの勝浦駅は電車本数が少ないのでご注意を。だいたい1時間に1本くらいです。

f:id:yurukoo:20180925121833p:plain

安房鴨川駅までの車窓。海が見えたりして、なかなかによかったです。

外房線の終点の安房鴨川駅で下車し、内房線へ乗り換えて館山へ。安房鴨川駅付近も散策したかったのですが、今回はスルーしました。またいつか。

14:42、館山駅に到着です。

館山でプチ観光

一緒に行った友達が歴史好き?で「館山城行きたい!!」ということだったので、館山で観光することに。とりあえず館山駅に隣接した観光案内所で館山城までの行き方など尋ねました。

レンタサイクルもあるようですが、暑い夏の日だったので、バスで行くことに。ただ、1時間に1、2本しかないバス路線なので注意が必要です。片道190円、館山駅から15分くらいで城山公園前バス停まで着きます。

城山公園内に「里見茶屋」というお茶やさんがあったので、ずんだもちを食べました。

f:id:yurukoo:20180925123337p:plain

ずんだもち160円、お冷はセルフ。まぁおいしかったです。他にもあんこ、きなこなどなど様々な味がありました。

一息ついたら館山城へ。頂上までの道のりは坂があり、猛暑だったのできつかったです。

立派なお城です。中は八犬伝博物館になっています。ここ、館山はあの里見八犬伝の舞台になった場所です。ほとんど里見八犬伝について知らないのですが、そんな私でもなかなか楽しめる展示でした。

また、この八犬伝博物館のチケットはこの公園内にある館山市立博物館にも入れるそうで、せっかくなので行こうということになりました。お城をあとにして館山市立博物館へ。そこの展示は房総の歴史、という感じで、知らないことばかりで勉強になりました。

なんだかんだ、ゆっくり観光していたので、時刻は17:00。すると聞きなれたメロディーが、、。「もう~ひとりで~~あるけない~~~♪(実際はメロディーのみ)」ここ、館山は X JAPANYOSHIKIさんのふるさとということで、「Forever Love」が流れていました。知らなかったのでびっくり!!

バスで館山駅まで戻り、電車待ちしているときにも18:00に「Forever Love」が!!ちょっと館山市民がうらやましくなりました(^^)

 館山~東京

18:15、館山出発。もうあたりは結構、日が落ちかけていました。できれば海を眺めながら帰りたかったのですが、、残念ながら帰りの車窓はほぼまっくら。

はい、これがこの日一番の失敗です。まぁ楽しんだからいいんですが、もう少し館山をはやく出発して、車窓を楽しみたかったなと思いました。内房線の車窓は外房線よりおすすめ、だそうです。晴れた時には三浦半島や、富士山も見えるそうですよ。見たかったなぁ。

今回は房総半島を時計回りにまわりましたが、反時計まわりだったら、昼間に絶景がみれたかも?しれません。それか、もう少しはやく出発するとか。。

千葉で1度乗り換えて、東京駅に20:43到着。朝、東京駅を出発したのが9:44だったので、トータル12時間弱の旅でした。

まとめ

のんびり房総半島1週旅、行く場所を電車内で調べるというゆるさでしたが満喫できました。おいしいものも食べることできたし、観光もできたので、とてもたのしかったです。ただ、もうすこ~し車窓を楽しみたかったなぁ、と反省。

今回は房総半島を時計回りにまわりましたが、反時計まわりだったら、昼間に絶景がみれたかも?しれません。それか、もう少しはやく出発するとか。。まぁなめろ丼がおいしすぎたので結果オーライかな。

今度、房総半島に行くときには、今回行くことができなかった、日本寺、野島埼灯台養老渓谷にも行ってみたいなぁと思います。

ご一読ありがとうございました。

コメント