スポンサーリンク

既卒ニート の就職体験記⑩最終面接

就職活動
スポンサーリンク

本日、二次面接でした。前回の記事はこちらです。

https://yurukoo.com/neet-syusyoku9

前回は採用担当の方との説明会と面接でした。今回は支店長レベルの方との二次(最終)選考と聞いていたので、どんなおかたい?方との面接がどきどきでした。

家出るのが遅くなってしまいましたが、ダッシュしたおかげで無事10分前に到着。小部屋に通され待ってると、3分後くらいに支店長さん登場。思っていたよりも見た目若く、30代くらいの男性でした。

まず、「職務経歴を説明してください」と言われたので、簡単に説明。大学卒業後は派遣社員として様々な仕事を経験しました的な感じで答えました。あと、そこで「身についたことはなんですか?」と聞かれたので、「対応力」とか答えたと思います。その後は私がIT業界未経験っていうこともあり、会社のこと、IT業界(主にソフトウェア)について説明してくださいました。面接というより説明を結構してくださるかんじで私としてためになるお話もたくさんしてくださいました。

IT業界ソフトウェア業界は主に4つの分野(開発、環境構築、運用保守、あとひとつ忘れた..)があってはじめは「運用保守」から経験してその後「開発系でプログラマー」になるルートが入りやすいとか言われました。たぶん、私がどんなキャリアプランを考えているか、聞きたかったみたいですけど、わからないので話はなかなか続かなかったです(´;ω;`)

あと、やっぱりこのIT業界は人手不足らしい。だから私みたいに未経験でも入りやすいみたです。東京とか大阪とかの都心部ほどその傾向があるとのことでした。もしかしたら都心部の勤務になるかもしれません、とかいわれました。まじかぁぁっぁぁぁ。

私は自分がIT業界で働くこと、そしてプログラミングに向いているかどうか悩んでいる最中です。実際応募してるけど、場違いなんじゃないか、と思いながらの就活です。そのなかで面接という形ですが実際プロの方に聞ける機会は貴重です。今回の支店長さんによると、「プログラミングの好き嫌いはわかれる。すきだと楽しいから勉強したくなる。逆に嫌いだと拒否反応がでるので続かない。やってみないと向き不向きはわからないんだよね」とのこと。まず「基本情報技術者試験」らへんをみてみるといいよ、とアドバイスされたのでちょっと見てみようかなぁと思います。

ちょっと興味あるけど、自信ない。どうだろう、全然無理かもしれないなぁ。学生時代から理系がちょっと苦手意識はありました。でも文系が得意というわけでもなくて。関係ないのかな?

あと、結構厳しい世界だとも言われました。始めは何もわからない状態からのスタートなのできつい。挫折する人もいる。常に新しくなる業界なので勉強し続ける覚悟が必要だと言われました。一応分かっているつもりでいますが、結構言われたのでビビり発動。どうなんだろーー。わたしの向いてる仕事なに?だれか教えて~~~~状態。

面接の時間は50分くらいでした。こんな私に時間割いてくださるなんてなんだか申し訳ない。新卒で就活してたときはこんな長々と?面接されたことなかったと思うのでびっくり。採否は1週間以内に連絡が来るとのこと。まぁどうでしょうね、全く受かった気はしないけど前回なぜか受かったし。人手不足なのは面接からも間違いないと思いました。とりあえず、採否が来たらまた報告します~。期待しないで待っておきます。

聞かれたこと、備忘録としてまとめておきます。

・これまでの経歴、そこで身につけたこと

・IT業界に興味をもったのはいつからか

・仕事についての希望(残業できるか、車通勤)

・新卒時代の就活状況

・結婚の予定→(ない)

他にもいろいろ聞かれたと思いますが、会話形式だったので忘れちゃいました。他の求人にも応募しているので答えられなかったところはよく考えておこうと思います。

ご一読ありがとうございました。

コメント